Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘サントゥール Santoor’ Category

インドのタブラ奏者アリフ・カーン氏が5月に待望の来日を果たします。

今年は、福島県いわき市のスパ・リゾート・ハワイアンズを筆頭に、チャリティーコンサートを開くことになりました。

また、国内最大のインド音楽祭《Dance of Shiva 2012》にも参加することがかないました。

今回の来日コンサートは、アリフ・カーン氏の強い被災地訪問希望があり、そこから友人たちによるアリフ来日公演実行委員会が始まりました。全行程にわたってサントゥール奏者のジミー宮下さんとインド舞踊ディンディガルベル・黒川妙子さんを中心に企画・手配が進められました。こうして、インドと日本の友人たちが奔走して、ようやく実現することができました。

黒川妙子さんが来日前のアリフ・カーン氏にインドで直接インタビューした様子は、Youtubeで配信中です。

♪♪2012年5月11日(金)♪♪
日印国交樹立60周年記念コンサート
永遠に新しい歌 タゴール・ソングとタブラの夕べ
時間: 19:00~
出演: アリフカーン(タブラ)+ジミー宮下(サントゥール)
会場: 国際文化会館(東京都港区六本木5-55-16)
出演: アリフカーン(タブラ)+ジミー宮下(サントゥール)

♪♪2012年5月12日(土)♪♪
Lotus Flowers for you

◆天上の音律◆
サントゥールとタブラの夕べ
開場7時  開演7時20分
出演: アリフカーン(タブラ)+ジミー宮下(サントゥール)
会場: 深川江戸資料館・小劇場
入場料:2000円 (全指定席ですので、ご注意ください。)
詳細:http://ariftabla.info/

♪♪2012年5月13日(日)♪♪
◆福島県いわき市 災害支援チャリティーコンサート◆
出演: アリフカーン(タブラ)+ジミー宮下(サントゥール)
会場:スパリゾートハワイアンズ
福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
http://www.hawaiians.co.jp/

♪♪ 日時:2012年5月14日(月)♪♪ 
◆福島県いわき市 災害支援チャリティーコンサート◆
出演: アリフカーン(タブラ)+ジミー宮下(サントゥール)
会場: いわき市の学校(予定) 

♪♪ 日時:2012年5月16日(水)♪♪ 
出演: アリフカーン(タブラ)+ジミー宮下(サントゥール)
時間:開場19:00 開演19:30
会場:普済寺
静岡県静岡市駿河区中吉田33-30
静岡鉄道・県立美術館前駅徒歩1分 
寺境内に駐車場あり
前売 3000円 当日 3500円

5月16日に予定していた静岡普済寺での演奏会は、中止になりました。誠に申し訳ありません。

♪♪2012年5月17日(木)♪♪
出演: アリフカーン(タブラ)+ジミー宮下(サントゥール)
時間:開場19:00  開演19:30
会場:案山棒(あんさんぼう)
静岡県焼津市大住99
西焼津駅から999m
駐車場あり
前売 3000円 当日 3500円

♪♪2012年5月18日(金)~20日(日)♪♪
DANCE OF SHIVA2012-Travel of mind effect music◆
場所:西伊豆 オートキャンプ銀河
TICKET 前売のみ:15000円
[500 peoples limited]
詳細:http://www.tirakita.com/event/

ブログランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

Read Full Post »

今夜は、サントゥール奏者ジミー・宮下さんと名古屋でコラボ。インド舞踊のオリッシーダンスの佐藤幸恵さんも加わって、競演します。

    場所:ライブ&ラウンジ VIO(名古屋新栄、雲竜フレックスビルB2)
    開場:19:00  開演:19:30
    出演:ジミー・宮下(サントゥール)/ アリフカーン(タブラ)/
        佐藤幸恵(オリッシーダンス)

詳しくは、スケジュールタブをご覧ください。

Read Full Post »

アリフ・カーンがインド古典音楽の巨匠とコラボしたCDアルバム三部作が完成しました。

その名も「モンスーン・メロディーMonsoon Melody」。

◆「カダンプKadanb」 ロヌ・マジュムダール師(バンスリー) アリフ・カーン(タブラ)

◆「カミニKamini」 タルン・バッタチャリヤ師(サントゥール) アリフ・カーン(タブラ)

◆「ケヤKeya」 ヴィシュワ・モハン・バット師(モハン・ヴィーナ) アリフ・カーン(タブラ)

………………

◆《カダンパKadamb》◆

カダンバとは、インド大陸で見られる柑橘類の常緑熱帯樹。詩人タゴールをはじめとして、インドの文学作品のなかでは欠かせない存在となっている。特に、カダンパの花の香りがあたり一面に広がると、モンスーンの到来が間近に迫ったことがわかる。 また、カダンバは、恋人ラーダとクリシュナ神の物語をはじめ、インド神話と深いかかわりを持ち、愛とロマンス、平和と静寂を象徴する。

ラーガ・ミア・マルハールの旋律は、アクバル大帝の宮廷に仕えた、音楽家タンセンによって作曲されたと伝えられている。マルハール・ラガンガMalhar Ragangaに属し、午後のラーガとして、その不規則な音は、空一面、雨雲に覆われた嵐のモンスーンを想い起こさせる。

【ラーガ】

マルハールMalhar

【ミュージシャン】

♫ ロヌ・マジュムダールバンスリー

Pandit RONU MAJUMDARFlute

ラビンドラナート・マジュムダール師Ranendranath Majumdarは、ロヌ・マジュムダールとして広く知られている。幼い頃に父の影響でバンスリーを始め、Pt. Lakshman Prasad Jaipurwaleに師事して声楽を修め、ヴィジャイ・ラガブ・ラオ師Pt. Vijay Raghav Raoのもとでバンスリーを修行した。また、ヴィジャイ師の師匠である、ラビ・シャンカール師Pt. Ravi Shankarからもトレーニング薫陶を受けた。その力あふれるパフォーマンスは師の教えを受け継いでいる。

マジュムダール師は、アルバム「Song of Nature / A Traveller’s Tale」を通して、インド音楽に全く新たな美学を導入し、新たな時代の先駆者となった。

その後、アルバム「Tabula Rasa」(1996)で、バンジョーの名手であるベラ・フレックとともに、グラミー賞候補にノミネートされ、ハリウッド映画「Primary Colours」には作曲と演奏で参加し、さらに、ジョージ・ハリソン、ライ・クーダー、ジョン・ハッセルといったトップミュージシャンたちをはじめ、Pt. Ravi Shankar、Pt. Bhimsen Joshi、Kishori Amonkarといった、インドの巨匠たちともコラボの経験がある。

♫アリフ・カーンタブラ

ARIF KHANTabla

アリフ・カーンは、西暦11世紀後半から続くMIR AKASA血統の音楽一家に生まれた。神童と呼ばれ、インド国内の有名タブラ・プレーヤーのなかでも最年少のプレーヤーのひとりとされた。 その驚くべき技巧と、見事な音質と完成度の高さは、音楽評論家たちをうならせました。

曾祖父の故マジット・カーン師Ustad Masit Khanと祖父の故カラマトゥラ・カーン師Ustad Karamatullah Khan、そして、父のサビール・カーン師Ustad Sabir Khanは、インド古典音楽の歴史のなかでも最も著名なタブラの巨匠。アリフは、ファルカバード派Farukkhabad Gharanaに属し、直系の第34代目。

2歳から、父の厳しい特訓を受け、6歳のときには最初のコンサートで父であるサビル・カーン師Ustad Sabir Khanとjugalbandiを演奏した。それ以来、彼は世界を駆け抜け、伝説を作り続けている。

【レコーディング】

TRIO Digital Recording Studio, Mumbai Sound Engineer – Tapan

…………………

◆《カミニKamini》◆

KaminiまたはMurraya paniculataOrange Blossomは、小さな白い花をつける、シトラスに近い常緑潅木。その香りが、心と身体と魂に鎮静効果をつくるために、香水や、エッセンシャル・オイルとして、しばしば使われる。また、安らぎを得られるため、家のまわりにしばしば植えられる。インド全域で見られ、その小さな白い花は、しばしば束にして、道に敷き詰めて無事を祈り、屋内に飾り平穏を祈る。

「メーグ」と呼ばれる深夜のラーガは、落ち着いて静寂な雰囲気であることから、しばしば夜明けの時間帯に演奏される。マルハール家に伝わるラーガで、激しく猛々しいモンスーンの雷雨と対局にある、その静けさが強調される。聞き手はカミニ花の芳しい香りとともに、モンスーンの時期のすがすがしい世界に導かれる。

【ラーガ】

メーグMegh

【ミュージシャン】

♫タルン・バッタチャリヤ師サントゥール

Pandit TARUN BHATTACHARYA

現代インド古典音楽界の指導的な位置にある、代表的なサントゥーの演奏家。これまでに、ヨーロッパの名だたるコンサートホールで演奏し、熱狂的な賞賛を受けてきた。後援者の中には、英国チャールズ皇太子、ジョージ・ハリソン、パウロ・ソラリスといった有名人も多い。

バッタチャリヤ師は、父親のラビ・バッタチャリヤ師、デュラル・ロイ師、ラヴィ・シャンカル師らからの薫陶を受けた。マイハール流派の唯一のサントゥールのマエストロとして、サントゥール音楽を革新的に発展させ、最初に低いオクターブで音をすべらせる奏法を完成させた演奏家でもある。

♫アリフ・カーンタブラ

ARIF KHANTabla

【レコーディング】

Black Circle Studio, Kolkata Sound Engineer – Srijit

…………………

◆《ケヤKeya》◆

ケヤあるいは、スクルーパインともよばれる、学名Pandanus fascicularisは、インド文化に深く根ざした植物。モンスーンの時期になると花ひらく。その強い香りは、黒い雲がたちこめ、モンスーンが間近に迫っている事を人々に予感させる。その雨は、長い日照りで乾いた大地を潤してくれる。 ケヤはまたケタキともよばれるが、香りづけやまた食用としても、とてもよく使われる花である。

楽器モハンヴィーナの弦のしらべを通じて、この香りは、聞き手を夕べのモンスーンの雨の世界へと誘う。

カマージにもとづいた、夜のラーガ・デシは、すべての七音を用いて、上昇・下降を複雑にくりひろげることで知られている。このラーガはこれにより、ケヤの花がひらき、モンスーンの雨できれいに澄みきった世界を照らすように、聞き手を優美な世界へと導く。

【ラーガ】

デシDesh

【ミュージシャン】

♫ヴィシュワ・モハン・バット師モハン・ヴィーナ

Pandit VISHWA MOHAN BHATT

楽器モハン・ヴィーナの創始者であり、グラミー賞を受賞した有名な音楽家。その繊細でかつ大胆な演奏は、世界を魅了してきた。ラヴィ・シャンカル師の高弟であり、ヴィシュワ・モハン師は、ムガル帝国の宮廷楽士タンセンやその師匠であるスワミ・ハリダス師の系譜に属し、れっきとした音楽エリートである。さらに、ハワイのギターをインド化して用いて、世界の賞賛をあびた。モハン・ヴィーナは、斬新なデザインと形態を持ち、弦を本に増えている。

♫アリフ・カーンタブラ

ARIF KHANTabla

【レコーディング】

Swarnidhi Digital Recording Studios, Jaipur Sound Engineer – Saurabh V. Bhatt

Read Full Post »

Read Full Post »

アリフ・カーン青年にとっては、父のような存在のサントゥール奏者、ジミー・宮下(節雄)さんがアリフと共演します。

<<華麗なるインド音楽&舞踊の響宴>>
「天空の音雫コンサート」
昨年の大好評にこたえ、インドより若手天才タブラ奏者
Arif khanを再びむかえ、ジミー宮下のサントゥールとアリフのタブラが、 華麗
にスリリングに絡みます。
佐藤幸恵のシャーマニックなオリッシーダンスが華を添えます。
天空より降り注ぐインドの音・舞をお楽しみください。
–Jimi Miyashita–

  • 9月12日(月)
    会 場 : Live and Lounge VIO
         名古屋市中区新栄町2-1-9 雲竜FLEXビル西館B2
    時 間  : 19:00 open 19:30 start
    出 演 : ジミー宮下(サントゥール) アリフ・カーン(タブラ)
         佐藤幸恵(オリッシーダンス)
    詳細は、ジミー・宮下さんHPまで。

アリフ来日日程のスケジュールはこのブログのスケジュール(最新版)のページをご覧ください。

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ ブログランキングに参加中

Read Full Post »

9月6日(火) シタール奏者 田中峰彦さんと(大阪・チャクラ)
            Sept. 6th         with sitarist Mr. Minehiko Tanaka, Osaka
        アリフ・カーン(タブラ)、田中峰彦(シタール)
           会場:大阪・天満チャクラ
           開場:18:30 開演:19:30
                   詳細は、チャクラHPまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリフ来日日程のスケジュールはこのブログのスケジュール(最新版)のページをご覧ください。

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ ブログランキングに参加中

Read Full Post »

2010年4月10日に、愛知県常滑のINAXライブミュージアム「土・どろんこ館」でのライブの一部を出演者の許可を得て、Youtubeに公開しました。

ジミー・宮下さんのサントゥールとアリフのタブラ、緊張と調和の連続に観客から興奮の掛け声が飛びます。初めてインド音楽に触れた人々も高揚した面持ちで拍手を送っていました。

アリフが常滑のセントレア空港から帰国の途に就く日、「来年はもっと練習して日本に来るよ!」と言ってゲートを入っていきました。

さて、今年はどんな演奏をしてくれるのか、本当に楽しみです。

アリフ来日日程のスケジュールはこのブログのスケジュール(最新版)のページをご覧ください。

にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へ ブログランキングに参加中

Read Full Post »

Older Posts »